廃車と下取りの違いってなに?

ご存知ですか?廃車と下取りの違い

本ページでは、車を手放す方法として、廃車と下取りにはどのような違いがあるのかについて、解説していきたいと思います。

廃車と下取りは、どちらも所有している車を手放すという点では同じです。違いは、その仕組みや、請け負う業者、買い取られた車両がどうなるのかといった点が挙げられます。それぞれについて、見ていきましょう。

廃車とは

広い意味で言えば、愛車の所有権を放棄することになります。それに付随して、所有していた車両を、そうした廃車専門の買取業者に引き取ってもらうことが、本サイトで取り上げている「廃車」ということになります。ちなみに、あまりないケースではありますが、例えば公道走行が可能だった車両のナンバープレートを返却し、車両は倉庫などに保管しておくという場合も廃車に該当しますが、ここでは気にしなくてよいでしょう。

さて廃車、より正確には廃車買取専門業者に依頼するメリットは、なんといっても、下取り0円、あるいは引き取りに手数料が発生してしまうといった場合でも、買取金額がつく可能性が高いという点です。とりわけ事故車や不動車、過走行車などの場合は、検討してみる価値ありです。

一方、注意すべき点としては、下取りのような基準というものはなく、業者によって額面は千差万別になるということがあります。加えて、いわゆる悪徳業者の場合もないとは言えません。その業者の評判や実績、そして査定金額なども考慮して、慎重に業者を選ぶべきです。

下取りとは

簡単に言えば、現在所有している車から、新しい車に買い換える際に、新たな車を買う販売店に、現在の車を引き取ってもらうということになります。一般的には、自動車メーカー系列のカーディーラーなどで行われる方式です。

それゆえ、手放す車と購入する車が、トヨタ同士、あるいはニッサン同士といった場合には、車の状態に関わらず下取り可能となる場合が多いようです。

逆に、例えばホンダからスバルに乗り換えるといったメーカーが異なる際には、車の状態などによっては下取り不可となる場合もあります。そうした場合には、下取りではなく、廃車買取業者を視野に入れるとよいでしょう。