廃車はどこに売るのがいいの?

廃車を売る、業者を選ぶポイントとは?

本ページでは、廃車を売る場合の業者選びについて、考慮すべきポイントをご紹介していきたいと思います。

結論から先に申し上げてしまいますと、廃車を売るには廃車買取業者の中でも、買取、解体、廃車手続きといった一連の手続きをワンストップで依頼でき、なおかつ信頼や実績のある業者を選ぶのが賢明です。そうでない業者の場合は中間マージンが発生してしまい、ユーザーが損をしてしまうことが考えられます。

中間マージンが発生する仕組とは?

本サイトで繰り返しご説明しています通り、カーディーラーが行う下取りや、自動車買取店による買取とは、基本的に買い取った車両を中古車として再販することが主目的です。そのため、状態がよく、年式が比較的新しければ、それなりの値段がつくことになります。

一方で、そうした業者は中古車として通用しない、解体向け車両は薄利となるため、買取0円、あるいは逆に手数料を徴収した上で引き取り、その車両を廃車買取業者や解体業者に転売することで利ざやを稼ごうとするのです。もうお分かりですね。つまり、下取りや買取価格がつかないという場合には、そうした業者を間に挟まずに、ユーザーが直接、廃車買取業者に買取依頼することで、中間マージンは発生しないということになるのです。

廃車買取業者は、どのように見分けるべき?

上記の通り、また「餅は餅屋」のことわざの通り、廃車は廃車買取業者に依頼するのが賢明です。ただし、どこでもいいという訳ではありません。繰り返しになりますが、廃車買取業者と謳っていながら、実は中間マージンが発生するようでは、わざわざ依頼する意味がありません。廃車買取業者の中でも、自動車解体工場を保有しており、自社で直接対応する業者であれば、中間マージンが発生せず、より高値が期待できるのです。

とはいえ、一般ユーザーにとっては、そうした業者かどうかを見分けるのは、なかなか難しいもの。そこでチェックしたいのが、その業者が保有している資格です。以下に挙げる資格を保有している業者であれば、中間マージンが発生する可能性は低いと判断できます。各業者のHPなどで、確認してみてください。

持っていると信頼のおける資格一覧

  • 引取業許可
  • フロン類回収業許可
  • 解体業許可
  • 破砕業許可

以上が廃車買取業者がワンストップで廃車の処理を行うために欠かせない資格です。中間マージンを搾取されないよう、チェックしておきましょうね。