愛車をスクラップにする前に。こんな車でも売れます!

これはスクラップしかない…
そんな車でも、売る方法がある!

車修理

長期間放置した車や、ボロボロになった車は0円引き取りでもしかたがないとあきらめてしまいがちです。

実はそんなことはありません。

本ページでは、ユーザーの方がつい、スクラップしかないと思ってしまいがちな車でも、実は売れるということを、お話していきたいと思います。

こんな状態でも、本当に売れる?

本サイトで繰り返していますが、カーディーラーや中古車販売店などでは、下取り0円、あるいは引き取り費用が逆に発生してしまうというケースは、珍しくありません。

ユーザーの立場だと、ついそういうものだと思い込んでしまいがちですね。しかし、それは大きな誤解です。

そもそも、車販売店での下取りというものは、中古車として再販することを目的としているもの。買取0円や手数料が発生するケースは、その条件に合致しないから金額がつかないのです。

要するに、中古車としての価値ではなく、車の資源としての価値に対してお金を払って引き取ってくれる業者に対して引き取りの依頼をすればいいのです。

廃車買取業者なら車の状態にかかわらず買取可能!

それはずばり、廃車買取専門業者です。こちらは中古車として転売するのではなく、リサイクル資源として車を買い取ってくれるので、車の状態は関係ありません。

以下のような下取り不可の車であっても、廃車買取業者なら道は開けてきます。この点をぜひ覚えておいてください。

事故車

中古車業界においては、事故車のフレーム部分の修理をした車を再販する時に、「修復歴あり」と表記することが義務付けられています。また、ユーザー心理からしても、そうした車両は敬遠されてしまいます。

しかし、廃車買取業者なら、そうした車両を中古車として販売する訳ではないので、買取に応じてくれるのです

不動車

これも、中古車として再販する場合には修理の手間と費用がかかるため、下取り0円や手数料発生といったことになりがちです。

これも事故車の場合と同じく、廃車買取業者なら、そうした車両を中古車として販売する訳ではないので、買取ってもらえる可能性が大となります。

水没車

淡水、海水を問わず、一度水没してしまった車は、点検・修理が不可欠となり、そのまま乗ることはできません。

事故車や不動車と同じく、そうした手間やコストの面から、中古車として販売するのは敬遠されてしまいます。しかし、これも廃車買取業者なら、車両を中古車として販売するのではないので、買取の活路が開けます

過走行車

これは上記の3パターンとは異なり、中古車として販売する余地は残されています。しかし、それも程度次第。

プレミアのついている希少車や人気車を除けば、下取りが二束三文あるいは0円となる場合がほとんどです。そうした意味でも、廃車買取業者なら下取りより高値が期待できます